2006年8月15日 (火)

ひさしぶりの更新^^;

遅くなってしまいましたが、まず黙祷を…

 ・・・・・・・・・・・・・・・・

また近いうちに更新する予定なんで、本日はこのへんで…^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

逃避の達人

皆さんは霊など信じてますでしょうか?
ボクは霊感も無いし、一度も見た事はないですけど信じてます。
今回は、それにちびっと絡んだ話をしたいと思います…

もう日にちも忘れてしまいましたが、昼にバイトをしていると
着信があり、名前を見るとツレの名前
「うぃーす、どした?」
アホそうな声で出るオレ…
「あの…」
予想外な女の人の声、
「ふぇ?はれ?もし?」
さらにアホそうな声を出すオレに対して、女の人が…
「あの子、死んだんよぉ…」
別に雷も落ちませんでした、まわりの音もよく聞こえました。
けど頭の中は真っ白、
「はぁ、そうすか…」
数分しゃべった後、電話を切る。
バイトに一旦戻るも、抜け出し他のツレに確認の電話
結果は変わらず…
そっからは結構ふつうにバイトをこなし帰宅。
帰宅後は別なツレの家に数人で通夜がわりにと集まり、再確認
結果は変わらず…
次の日が葬式と言う事もあり、そのままダラダラしゃべり続け祭場へ…
祭場に着きエレベーターに乗り部屋を探し扉を開けると、いてました。
顔も一瞬チラ見しただけなんでツレかな?て思うくらい。
挨拶をすませ、知らない子達も集まり嗚咽を漏らす声も聞きつつお経も聞いて
出棺の時間に…この時点で一切涙も流れず悲しくもありませんでした。
出棺の時に葬儀屋の人が、霊柩車に乗せるのを手伝ってくれる人間をつのりました。
そん時もフワフワした気持ちでいると、並んでいたツレに背中を押され前に出ました。
棺を持ち上げるとズシと手に重みがのしかかって来て大の大人数人がかりで持っているのに
重いんです…
その時ボクの中にドッとリアリティが流れこんで来て
重みを感じながら一歩一歩進む度に頭のフワフワも晴れ
涙が込み上げてくるのを感じながら運びました。
式も終わりツレらと歩いていると又フワフワしはじめ
そっからは確か適当にゴハンを食べて、カラオケに行ってツレのよく歌を歌いました。
音痴なんですけどネ、とりあえず歌いました。いっぱい。
その後は又ツレの家で騒いだか、家に帰ったか…よう覚えてませんw
それからもう2、3年たちましたかね?それもよく覚えて無いんですよ^^;
ずっとフワフワしっぱなしw
棺に触れた瞬間に一瞬感じたものの、ツレが死んだって事にリアリティを感じてナイんですよねぇ…
ケータイ変えた時も普通にメモリーうつしたりして、かかって来そうな気するんすけどね^^

さあ、ダラダラと書いて来ましたけど皆さん一番はじめの質問覚えてますでしょうか?
もし魂や霊みたいなモノがあったとしたら…

ツレは近所にはいるものの家族とは一緒に住んでなくて、用事を言いに行ったら…って話しで
そんなこってツレの死んだ日ってのがよくわからないんですが…

自分そこらへんの日熱くて部屋で全裸でブラブラさしながらゴロゴロしてたんですよねぇ………

この時期になると、そんな事を思い出してアンニュイな気持ちになったりならなっかたり^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

パンダ

一発目やのに訳わからんコト言うてますね…
横断歩道の意味はある様な無い様な感じなんで、おいおいと。
んで意味の話は置いといて、
「タイトルを英語で付けたらエエ感じやろか?」
って思いまして。横断歩道・和英で検索してみたら…
横断歩道って色々あるんですね!
アメリカだったらcrosswalkだったり、
イギリスだったらpedestrian crossingだったり
んで他にもzebraとかあったんすけど、パンダって何かかわいかったのでつい…
とココまで書いといて「タイトル日本語じゃん!!」てツッコミあるかもですが
皆さんcrosswalkやpedestrian crossingて言われて横断歩道ってすぐ出て来るんですかね?
正直自分は意味はわかるモノの
??ってなったので、わかりやすく横断歩道ってつけた次第です。

んで、お前の英語力はどうなんだっ!!てえと1週間でギリ、年月になるともう無理ってな感じですけどね……w

まあ思ったコトやらテレビ見ての感想なんか書いて行きたいと思いますので
こんな自分の「鶴瓶イズム」を感じて頂ければエエなぁと思っております^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

横断歩道

横断歩道は左右をよく見て渡ります。
左手あげる人もいるけれど
ボクは右手をあげて渡ります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)